草刈の問題を一気に解消する!【核家族化が進んで人手が足りず】

メニュー

最初の予防が重要

庭

見た目も重視した対策方法

庭の雑草対策には様々なものがありますが、最も効果が高いのは庭を作ってすぐに行う雑草対策です。生えてから庭の雑草対策を行うよりも、あらかじめ予防しておく方が効果も高く手間要らずです。最初に行う庭の雑草対策としては、防草シートをしく、ウッドチップなどをしく、砂利や砕石を巻く、水で固まる土をしくなどがあります。いずれの方法も物理的に土を覆うことにより、雑草が生えてこないようにするという方法です。ですがどれも完全な方法ではなく、数年すると多少生えてくるのがふつうです。完璧に雑草を予防するにはコンクリートやアスファルトをしくしかないのですが、それでは味気ないと感じる人におすすめの方法です。防草シートや水で固まる土などはしくのにコツが必要なので、業者に依頼して行った方がよいでしょう。それぞれナチュラルさや音、費用、見た目などに特徴があり、メリットデメリットがあります。家族の好みやエクステリアのイメージに合わせて選ぶとよいでしょう。すでに雑草が生えてしまった状態で行う庭の雑草対策としては、除草剤の使用、塩水をまくなどがあります。除草剤は即効性が高い方法ですが、気をつけないとほかの草花を枯らしてしまったり、動物や人体に悪影響があるおそれもあります。心配なときは木酢液などを使った環境と人体に優しい除草剤にしたり、こまめに抜いたりといった方法で対策しましょう。塩水は雑草を枯らしますが人体への悪影響は少ないという特徴があります。