草刈の問題を一気に解消する!【核家族化が進んで人手が足りず】

メニュー

適切な時期を選ぼう

草刈り機

専門業者に頼むのもよい

草刈は庭や公園の景観を保つのに欠かせない作業です。どんなにしっかりと雑草対策をしても、どこからか雑草は種を運んできて、おそるべき生命力で成長し、本来の植物の成長を妨げたり、景観を損なったりしてしまいます。草を根本から抜くのがベストといえますが、それでは追いつかないほどの広さだったり、草の成長が早かったりする場合は草刈をする必要が出てきます。草刈を行うときは、適切な時期とタイミングを見極める必要があります。まず時期としては、成長期に入る直前の六月から七月頃、成長が衰え始める九月から十月頃、成長がとまり枯れ始める冬場の三回の時期が最適とされています。真夏や春先に草刈を行っても、草が生え揃っていないために後から生えてきてしまったり、成長が激しすぎて刈ってもほとんど意味がなかったりします。まったくの無駄ではないですが、手間に対する効果が薄いのです。初夏の時期、秋、冬は手間に対する効果が高いため効果的に景観を整えることができます。タイミングとしては、雨が降った後や、晴れが続いた後などがよいでしょう。草刈をした後に雨が降り晴れてしまうと、再び草の成長が勢いを増してしまいます。草の成長に必要な光と水という条件のどちらかが欠けているときが最適です。また、草刈は専用の機械を使う必要がありますが、それなりに労力も必要とします。公園や広範囲の草刈ならば業者に頼むのも手です。業者選びのときは見積もりを出してもらって比較するとよいでしょう。