草刈の問題を一気に解消する!【核家族化が進んで人手が足りず】

メニュー

きれいにしておくために

植物

家に庭や農地があると、どうしてもその場所には雑草が生えてきてしまいます。生えてきた雑草は見た目にも悪く、育てている植物にも影響があるため草刈をする必要があります。自分で手作業で行う方法もありますが、手間と労力を考えて業者に依頼する方は多くいます。

詳しく見る

作業にかかる費用

ガーデン

基本料金と追加料金がある

マンションなど集合住宅の住民にとっては、戸建て住宅の庭はある種の憧れでもあります。しかし自宅の庭は自由にガーデニングを楽しめる反面、雑草の草刈が大変という問題もあります。特に最近は核家族化が進んで人手が足りず、荒れ放題になっている庭も多く見られます。そうした草刈のわずらわしさから解放されるため、庭を前面コンクリートで覆ってしまう家庭もありますが、土の庭は自然を身近に感じられますし、夏の日差しの照り返し対策にもなるのでなるべく維持したいところです。草刈の負担を減らすために考えられる方法としては、草刈り機などの機械を導入して作業を効率化する、または除草剤などの薬品によって雑草の生長を阻害させることなどがあげられます。また自分で行わずに、専門の業者に依頼して庭の草刈をしてもらうという方法もあります。住民が年配者で力仕事が出来ない場合などによく利用されていますが、庭が大きすぎて住民だけでは手が回らない、地面の起伏が激しく草刈り機が使えない、といったような場合にも便利なサービスです。業者による草刈りは、通常は庭の面積と作業時間、そして処理される雑草の量などによって基本料金が算出されます。そこに追加料金として使用される機械の費用、作業にあたるスタッフの人件費などが加算されて最終的な作業費となります。目安としては一坪あたり200円から300円ほど、そこに除草した雑草の処分費などを含めて一坪400円から500円くらいが相場となっています。ただし最低価格が決まっている業者も多いので、坪数が少ないからといって必ずしも作業費が安くなるわけではありません。また庭の状況は千差万別ですし、業者のサービスも様々なので一概には言えないので、まず依頼する前に見積もりを出してもらう事はお忘れなく。

アドバイスをしてくれる

レディ

ガーデニングを始めるのなら、專門業者に相談しましょう。造園業を営んでいる人が身近にいれば、相談してみることをおすすめします。適切な材料を教えてくれたり、分けてくれたりすることもあるはずです。また、プロに任せてしまうというのもいいかもしれません。

詳しく見る

最初の予防が重要

庭

庭の雑草対策にはあらかじめ予防しておく方法と対症療法的な方法があります。予防するには防草シートをしく、砂利やウッドチップ、水で固まる土などをしくといった方法があります。対症療法的な方法としては除草剤や塩水をまくといった方法があります。

詳しく見る

やり方を教わる

草取り

庭の雑草が気になる場合には、草刈機を使って刈ってしまいましょう。他には除草剤をまくといった方法もあります。いずれにしても、ガーデニングに詳しい人に相談をして適切なものを正しい方法で使用することがポイントです。

詳しく見る

適切な時期を選ぼう

草刈り機

草刈は公園などの景観を保つために必要な作業です。行うときは時期とタイミングを見定めて行う必要があります。時期としては初夏、秋、冬が最適です。タイミングは雨上がりや晴れの後などがよいでしょう。業者に頼むのも一つの手です。

詳しく見る